ゲーム大好き人間、仕事デキる説【全く知られてない】

初回: 更新:

この記事のポイント

  1. MMORPGで求められる能力と仕事で求められる能力が同じ
  2. 必要な能力は、「組み立てて考える力」「チームワーク能力」
  3. つまり、プロゲーマーはどんなゲームをやっても上達が早い理論

はじめに

皆さんゲームをやっていて親や友人に横目でみられた経験はありませんか。

何の生産性もなく自己嫌悪に陥ることもあるゲームですが、最近eSportsやプロゲーマーの登場で認められつつあります。

「でも一般人にとっては仕事の役に立たないし、やっぱ意味ないでしょ?」

というのが本音ですよね。

実はそんなことないんです。

大学等の研究機関でもゲームが私たちに与えるメリットを科学的に分析している研究が増え始めています。

以下MMORPG(大規模多人数参加型オンラインRPG)と仕事をテーマとした研究を読みやすい形で紹介します。

まずMMORPGとは

MMORPG(大規模多人数参加型オンラインRPG)はご存知でしょうか?

ゲーマーなら一度は耳にしたことがあると思います。

オープンワールドと言われる、自由に動ける仮想空間内を多人数が同時に参加してクエストなどを行うオンラインRPGのことを言います。

MMOの世界は、アニメのソードアートオンライン(SAO)のテーマになっていたり、ファイナルファンタジーや、ドラクエ、原神などのゲームタイトルでリリースされています。

では、以下からが本題になります。

実はMMORPGで求められる能力は仕事を成功させるために必要な能力と同じ

まずは結論から。MMORPGで高難易度のクエストをクリアするためには、失敗を繰り返してチーム全員と話し合い改善していきます。その時には誰かを責める発言はしませんよね。

これらの行動が組織で仕事を成し遂げるために必要な能力と同じということです。

以下詳しく見ていきましょう。

「どうしたら勝てるか?」「チームワークを乱さない」の二つの考え方がMMORPGに必要(実験から観測)

MMORPGをプレイしている中で60分以上戦い続けても負けてしまう高難易度クエストってありますよね。

クエスト後に反省会をしてどこがダメだったのか?なぜダメだったのか?そしたらどうすればいいのか?友人もしくは自分で反省して次改善を意識してやってみるというように組み立てて考えてから行動をとるでしょう。

また、意見を聞いたり、空気を読んで意見を言ったり。「チームワークも乱さない」ことも意識して発言をするでしょう。

このような「どうしたら勝てるか?」「チームワークを乱さない」という行動を毎回繰り返していくことによって高難易度クエストに立ち向かって、攻略へと導いていく、というのがこの研究から得られたゲーマーの思考であり、MMORPGプレイヤーの日常でしょう。

以上が一般的にMMORPG攻略に必要な力という実験結果が出ました。

「目的達成」「集団維持」の二つの機能を持った能力が仕事に必要(=PM理論)

次に仕事に必要な能力です。

仕事という「現実の高難易度クエスト」を成し遂げるために必要な能力は、「目的達成」と「集団維持」という二つの機能を持った能力と言われています。

これらはPM理論と呼ばれ、現実の企業で成り立つ理論です。

一般的には、お互いが知り合いでリーダーもいるチームでこの理論は説明されますが、野良とのパーティ構成でも同じ能力が必要になると述べられています。

結果、高難易度クエストは、現実の仕事をこなす能力と深い関わりがある

論文ではゲームをプレイした人のインタビューを文字に起こして分析し、カテゴリ分けをしてまとめました。

結果として、「どうしたら勝てるか?」と「チームワークを乱さない」という2つのMMORPGプレイヤーの考え方が、仕事に必要な「目的達成」と「集団維持」の機能を含んでいました。

そのため、MMORPGプレイヤーの考え方とPM理論がマッチしていると言えます。

まとめ:MMORPGで能力高い人は仕事ができる。

以上のことからMMORPGで必要とされる能力は、仕事を成し遂げるために必要な能力と同じであるため、MMORPGを長くプレイしている人は、「現実のクエスト」も達成しやすいのではないかという論文でした。

プロゲーマーはどんなゲームをやっても上達が早いのと同じ理論ですね。


今回紹介した研究は,仮想世界でプレイヤーに求められる能力の詳細を明らかにしました。

しかし仮想世界で培った経験が現実世界に及ぼす影響については未だ明らかではありません。

そのためこれからの研究で、仮想世界における社会的能力と現実世界におけるそれとの因果関係を明らかにするようなのでその際はまた紹介させていただきます。

今回記事を書くにあたって引用させていただきました論文は、中京大学 高田佳輔先生のオンラインゲームコミュニティにおける合理的問題解決能力・チームワーク能力でした。

ご意見ございましたら掲示板まで。

この記事を書いた人:吉江勇亮

3歳から無類のゲーム好き。PCで調べて攻略していたため、その調査能力を今度は世の中の役に立つことに使えたらと思っています。

ゲームの価値記事一覧