クラウドゲームサービスとは?

初回: 更新:

この記事のポイント

  1. スマホや一般的なPCで全てのゲームをプレイできる新しいサービス
  2. クラウドゲームサービスはゲームの保管や動作処理を行う。
  3. 現状ソフトは別途買う必要がある。

クラウドゲームサービスとは?

クラウドゲームサービスとは、サービス提供会社のPCで処理したゲームを個人のPCやスマホにライブ配信して動作させるサービスです。ゲームストリーミングサービスとも呼ばれます。

YouTubeなどが動画の保管、再生を行ってくれるサービスに対してクラウドゲームサービスはゲームの保管や動作処理を代わりにしてくれます。

何ができるようになるの?

従来まで必要であった高性能なPCを必要とするゲームがスマホや一般的なPCでもプレイ可能になります。

今まで高価で買えなかったゲームや家に帰らないとできなかったやりたいゲームが安く、どこでもできるようになります。

なんで今まで無かったの?

通信環境が整備されてきたことが理由です。

高品質な通信環境が多くの場所で提供され始めたため、ゲーム処理PCとプレイPCの場所が離れていても「高速」で「低遅延」な環境が低コストで出来るようになりました。

どんなゲームができるの?

現在はSteamに対応しているソフトは全てプレイ可能です。

また、連携付けができるため今まで購入したソフトも問題なく使用できます。

ソフトは買う必要あるの?

現在は有料ソフトであれば買う必要があります。

日本のクラウドゲームサービスでは、ゲームの保管や処理等を提供するためゲームの定額サービス等はおこなっておりません。

この記事を書いた人:吉江勇亮

3歳から無類のゲーム好き。PCで調べて攻略していたため、その調査能力を今度は世の中の役に立つことに使えたらと思っています。

ソフトも丸っと定額でプレイ可能?[後]→

クラウドゲームの基本記事一覧